• ハワイ*カラーヒーラーひとみ

人と比べてるあなたへ

最終更新: 5月7日

槇原敬之さんが作詞作曲をした

SMAPの曲で


♪そうさ、僕らは

世界に一つだけの花 一人一人違う種を持つ

その花を咲かせることだけに 一生懸命になればいい

小さい花や大きな花 一つとして同じものはないから

NO.1にならなくてもいい もともと特別なOnly one♪

という歌詞がありますよね。

最初に聞いたときはいい曲♡

くらいでしたが 年を重ねるごとにこの歌詞が染みますw


カラーセッションをしていると感じるのは みんなどこかで誰かと比べてるんです。 それも自然に、無意識に。


子供の頃

お友達の〇〇ちゃんは

・私の家よりもすごいきれいなお家に住んでるんだぁ。 ・私のお母さんよりもこんな優しいお母さんがいるんだぁ。 ・私よりもこんなにおもちゃ持ってるんだぁ。

〇〇ちゃんと比べて私は…

なんてことなかったですか?

大人になってからも○○さんは

・お金持ちと結婚したんだぁ。 ・しょっちゅう海外旅行に行ってるんだぁ。 ・同じ年の私よりも何倍も稼いでるんだぁ。

それに比べて私は…

なんて一瞬でも思ったことないですか?



全然深く考えてる事じゃなくて、なんとく、

ふっとした瞬間いいな~みたいな感じで思ったりしますよね?


うらやむ気持ちが悪いと言っているわけではありません。

それをばねにできる人ならばいいのですが、

徐々にいいなと思う感情だけが心に残って蓄積して

自分らしさを忘れていくことがあるんです。



だからそんな時はこの曲の歌詞を思い出してほしいです!



絶対に‼

私たちは世界に一つだけの花なんです。


みんなそれぞれが、

それぞれの環境で

それぞれのタイミングで

それぞれの成長の速さで

誰一人として同じものはなく

まったくの唯一無二のオンリーワンな姿に

開花するのです。

それに目を出すか出さないかも自由で、

ずっと種でいてもいいんです。

目を出すタイミングも人それぞれ。 成長の早いのもあれば長~くかかるものもいます。

こんな感じをイメージして成長したのに全然ちがったとか 花咲かなかったという事もあります。

花を咲かせることだけが必ずいいわけではありません。 (もちろんこの歌詞に対抗してるわけじゃないですよw) 咲かない美しさもあるという事です。

それに花をつけないものの美しさもあります。 それぞれの個性がそれぞれ美しい人間なのです。


例えば、ヤシの木が自分はバラのつもりで生まれてきたのに、

変な実ばっかりつけて最悪~なんて言われても、

すごくおいしいココナッツ作ってるじゃないですか!

いろんな役に立ってるのに何で感じです。 人間でもこういう人結構いますよね。

自分の持つ才能に気づかず違うものばかり求めている人!

理想と現実のギャップと、自分と他者からの自分の見え方が違う

NO.1にならなくてもいい もともと特別なOnly one

いろいろな国へ行くと驚くような不思議な人や

生き物や植物などに出会うことがあります。

色々見てきたけど、

まだまだ見たことのない物事があることに驚きと感動を覚えます。

誰もが知るものや、みんなと同じものや、みんながうらやむようなものを手にする事は

流行りに乗った時のような感覚で、さほど感動もせず自分の中ですぐに忘れてしまう感情

のように感じます。



それよりも、自分の好きなものを追い求めて、

自分だけの価値ある何かを手にした時の感動は

ずっと心に残っている気がします。

誰かと競ったり、うらやむ心や悔しさがバネとなってうまくいくこともありNo1を目指すことも大切です。ただ、その先やその途中で自分を理解してオンリーワンを

目指していく方がはるかに効率がよく、

より素晴らしい結果を生むことが期待できます。


あなたが世界に一つだけの花だとしたら どんなわくわくするオンリーワンな成長の仕方で人生を歩んでいますか?

#ハワイ #人生 #特別 #オンリーワン #カラーセラピー #カラー #自分 #幸せ